Skip to content

プロパンガスの料金相場を知っておく

都市ガスの料金は政府が公認する公共料金であり、価格が高くなりすぎることはありません。

しかし、プロパンガスの場合は自由価格となっており、政府が介入することはないということです。そのため価格はガスを販売する業者が自由に決めることができますし、契約する業者によってかなり変わってきてしまいます。ガス代が高いと感じたらまずは相場を知っておくことが大切です。相場を知らないと高いお金を支払い続けることになってしまうので注意しましょう。

プロパンガスだから高いとあきらめてしまうのではなく、価格を安くする方法を実践してみるのがおすすめです。ガス会社は二部料金制で毎月のガス代を決めていることが多いです。これは毎月支払うことになる基本料金と使用量に応じて決まる従量単価によって算出されています。プロパンガスは公共料金でないため、ガス会社が自由に設定することがあります。そのため価格は業者によってかなり差がありますが、できるだけ安いところを選ぶことが大切です。

ガスはどこの会社で契約してもあまり違いはないですし、高い費用を支払いたくないなら安い単価で提供してくれるガス会社と契約することが重要です。従量単価が380円前後なら適正価格であると言えます。相場より高すぎるということもありませんし、そのまま同じガス会社を利用して良いでしょう。しかし、従量単価が500円以上になっているガス会社は高いと言えますし、見直しが必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *