Skip to content

プロパンガスの料金の相場を解説

我々が普段使用しているガスには、都市ガスとプロパンガスと呼ばれる2種類のものがあります。

双方の違いは、供給方法や原料、料金体制が異なり、また地域によっても各家庭への供給が異なります。都市ガスが人口が多い地域で使用されている一方、プロパンガスは民家が集中しておらず、ガス導管が引くことができない地方の地域に供給されるケースが多いです。プロパンは液化されたLPガスを容器に充填してガスボンベのような容器ごとで販売される形がとられています。

中華料理のように強火が必要な料理店で火加減が強いプロパンを利用されるお店なども多いです。日本全国において、都市ガスを使用しているのは約60%、プロパンガスは約40パーセントです。プロパンガスの料金は、都市ガスとは異なり「自由料金」です。料金を定めるのに規制はなく、プロパンガス販売店が仕入れ価格や人件費などのコストと利益を考えて自由に費用を設定しています。したがって、同じ地域にであっても、販売店によって値段が異なります。

相場の金額は、一カ月あたり7000~8000円です。県別に見ると関東は販売店の競争率が高いこともあり、比較的、他の地方と比べてリーズナブルです。相場の金額は都市ガスよりは高いですが、災害に強く災害時の復旧時が早いことも特徴であり、メリットです。プロパンを利用する際は、同じ地域にあっても地域の相場をしっかりと把握してから、数社の販売店でコストを比較して、見積もりをしてもらうことをお勧めします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *